{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
ロゴ

テーブルサイズ・ミニ観葉シリーズ

サンスベリア・ゼラニカ
マットホワイトポット マットブラックポット
サンセベリア MN020005

商品番号 MN020005
  • 花言葉◆永久不滅
  • 送料無料
当店特別価格 ¥ 2,480 税込
送料パターン 区分:C-3 \0 北海道・東北・沖縄\550
肥料300g+
アンプル活力剤10本セット

(880円)
→詳しくはこちら
目盛り付
肥料やりにも使いやすい
水さし

(1,430円)
→詳しくはこちら

★肥料セット+水差しセットで買うと更におトク(1,980円)★

ポットのカラー
  • マットホワイト
  • マットブラック
サンスベリア・ゼラニカ

観葉植物好きの方なら必ずと言って良いほど知っているポピュラーなサンスベリアの仲間たちは、アフリカやマダガスカル、東南アジアなど熱帯の地域に広く分布しています。

おしゃれなカフェやサロン、ホテルなど、街中でも良く見かけられるサンスベリアたちですが、
100円均一で気軽に手に入れられる物から、数百万円という驚くような価格のものまであり、ビギナーの方からかなりの愛好者までファンの心を掴んで放しません。

そんなサンスベリアの仲間たちから今回ご紹介するのはサンスベリア・ゼラニカ。日本ではまだ流通が少なく、希少と言える品種です。

サンスベリア・ローレンティーのように黄色い縁取りがなくシックで落ち着いた印象の深いグリーンが魅力。

サンスベリアは和名で『虎の尾(トラノオ)』と呼ばれ親しまれていますが、その名の通り、このサンスベリア・ゼラニカの美しい縞模様に魅了される方も多いはず。
その美しい葉がロゼット状(地表に葉を平らに並べた状態)に展開する様を見ているとまるで1つの大きな花のよう。
観葉でありながらテーブルや棚を華やかに彩る事が出来ますよ。

サンスベリア・ゼラニカ サンスベリア・ゼラニカ

人の暮らしととても相性が良いサンスベリア・ゼラニカは特に初心者さんの初めての観葉植物としておすすめしたい植物です。

育てやすさはもちろんの事、『観葉(葉っぱを観る為の植物)』としての魅力が詰まったその姿は複雑で、見れば見るほど魅了される方も多いはず。
深いダークグリーンと白っぽいモスグリーンが織りなす縞模様は同じ個体の葉でも様々・・。色の濃さから縞の入り具合などを観察しているとつい時間が過ぎてしまうかもしれません。

また、原産地の過酷な環境から乾燥に非常に強い性質を持ち、水やりを忘れたくらいではびくともしない、そんな性質を持ち合わせています。逆に可愛がり過ぎてお水のやり過ぎで枯らしてしまうなんて事のないように注意が必要なくらい。(乾燥気味が大好きです)

加えて虫がつきにくく、耐陰性もある。そんな強健なサンスベリア・ゼラニカなら、例え旅行やお仕事でお家を空けがちな方でも、しっかりと一人でお留守番してくれるのではないでしょうか。

横に広がらず限られたスペースで楽しむ事が出来るもの嬉しいところ。
大きな物はちょっとハードルが高いな、と感じられる方もまずは小ぶりで可愛いこのひと鉢。ここから始めてみてはいかがでしょうか?

サンスベリア・ゼラニカ サンスベリア・ゼラニカ

しっかりとした厚みのある樹脂製の鉢カバーです。
プラスチック、ウッドパウダー(木材粉)、土を素材として練り合わせ、作られています。
プラスチックのように軽く割れにくいのに、コンクリートの風合いがあり、こだわりのお部屋でもおしゃれに飾れます。

選べるカラーは印象の異なるマットホワイトとマットブラックの2種類。
どちらもしっとりと落ち着いた質感で植物のフォルムを引き立ててくれますよ。

底穴は空いておらず、水漏れの心配はありませんが、水はためておかず、出来るだけこまめに捨てて頂く事をおすすめします。

サンスベリアの育て方
[お手入れ]
日当り 明るい窓際
耐 寒 10度
水やり かなり少なめ
病害虫 やや強い
イージーレベル ★★★★
彩植健美レベル ★★★★★
イメージ エレガント、モダン、シャープ
最低気温:10度まで大丈夫
日当りの良い明るい場所を好みます。
光線不足になると葉が間伸びし(徒長)直立が困難になります。
乾燥に強く多湿に弱いので、 お水の与えすぎに注意してくださいね。
サンスベリアの詳しい説明、育て方はこちらへ
商品名 サンスベリア・ゼラニカ マットホワイトポット/マットブラックポット
サイズ 高さ(鉢底より)約15cm~20cm x 幅 約20cm~25cm
ポットサイズ 外寸 口径:10cm 高さ:10cm
底穴なし
セット内容 サンスベリア・ゼラニカ マットホワイトポットまたはマットブラックポット入り
育て方説明書、観葉植物と暮らすBOOK

他にもあります!テーブルサイズ・ミニ観葉シリーズ

前へ
次へ