観葉植物のひみつ

つる植物の、【登はん性】ってご存じですか?

今回はポトスなど、つる植物の、【登はん性】のお話を少し。。

植物は皆さんご存知、光合成をすることによって生きています。

光合成では根から吸い上げた水を分解して酸素を放出し、二酸化炭素から糖を

合成する働きで、その過程に必要なのが、光、になります。

もちろん、それを求めて植物は、自然界では自身をより高く、大きくしようとしますが、

そのためには、自身を支える太い幹が必要。。

それにエネルギーを使わず、いわば【漁夫の利】作戦で、大きい木にしがみついて

登ってやれ!というのがつる植物です。

(ほにゃららカズラ、の、カズラはつる、という意味です\(^^  ))

よく、へゴ仕立てとよばれるものは、

へゴというシダ性植物の幹部分を支柱にして、それに植物をつたわせたものですが、

人工的な金属製の支柱と植物と違う点がひとつ。。

それはポトスなど「つる性植物」が付着根と呼ばれる根を出して

しがみついているか、ということ。

付着根を出して上へ伸びてきたポトスは、光量が増えてきたぞ、

しめしめ( ̄+ー ̄)。。

ということで光を取り込みやすいよう、葉がどんどん大きくなってきます

しかしここで難点が。。

高さが出ると、低い位置には無かった、雨、強風という問題が( ̄Д ̄;)!!

柳のように風を受け流すしなやかさを持っていないポトスは、ここで思い出します。。

「。。そういえば、同じサトイモ科のモンステラちゃんは、
葉に大きな割れ目があったわねぇ(〃∀〃;)。。」

そういうわけで、高さが出て大きくなったポトスは、モンステラと同じ理由で、

雨風の通り道、葉に割れ目を持つようになります。

葉の直径が1メートルにもなって、モンステラみたいに大きな切れ目の

入ったポトスの葉って想像つきます!(^^)!

同じく、ポトスは同時に匍匐(ほふく)性もありますので、

下のほうでは別の木を目指して、一所懸命につるを伸ばしています。

この場合はつるの先ほど葉っぱは小さくなるんですよ。

ポトスのつるを切って、コップの水にさしておくとそうなるので、

やって見てくださいね。

んん~!貪欲ですねぇ~(゜▽゜;)

関連記事

  1. 店長日記

    観葉植物のひみつ。”温度変化を抑えつつ、冬の寒さを経験させる”とは?

    季節はもう4月、桜の季節になりましたが、まだまだ北日本を中心に寒い…

  2. 観葉植物のひみつ

    観葉植物のひみつ、今回は観葉植物とニックネーム!?

    観葉植物には正式な学名のほかにニックネームといいますか愛称がついて…

  3. スタッフ日記

    ☆ザミオクルカスの秘密☆

    本日は、最近お気に入りの植物、「ザミオクルカス・ザミフォーリア」…

  4. 観葉植物のひみつ

    深く掘り下げよう♪アレカヤシ その弐!

    前回に引き続き、今月は深く掘り下げよう♪アレカヤシ その弐!でございま…

  5. 新着情報・営業案内

    ☆ヒメモンステラの秘密☆

    大きな葉っぱが可愛い、大人気のヒメモンステラ。育てていると、「あれっ!…

  6. 観葉植物のひみつ

    今月の観葉植物のひみつ ??オーガスタの葉はなぜ割れる??

    3月の観葉植物のひみつ??オーガスタの葉はなぜ割れる??当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 新着情報・営業案内

    撮影所 リニューアル☆
  2. 新着情報・営業案内

    送料無料、鉢カバー付、商品追加です。
  3. 新着情報・営業案内

    ヤシの木の王様☆フェニックス・ロべレニー入荷いたしました!
  4. 店長日記

    社員研修旅行、続きです。
  5. 店長日記

    サイトをリニューアルしました!
PAGE TOP