店長日記

観葉植物のひみつ。”温度変化を抑えつつ、冬の寒さを経験させる”とは?

季節はもう4月、桜の季節になりましたが、まだまだ北日本を中心に

寒い日があるので、それに関するお話を・・・

っていうか、前の話の続き書くの忘れてました(ゴメン)

前回のお話「耐寒性最強観葉植物!」はこちらです←

観葉植物の冬越しと、長く家族の一員としてかわいがっていただく秘訣は、

温度変化を一定にして、冬の寒さを経験させる、と先月、ご説明させていただきました。

寒さに弱い観葉植物に、寒さを経験させるって、どういうこと??なんでしょう。。

観葉植物は、説明書にありますように、気温が15度~20℃を超え、

一日を通して高気温になる段階で、成長期に入り、この時期を終えると、

生長がほとんど見られなくなる休眠期に入ります。

休眠期にはいると植物は、見た目こそなんら変わらないように見えますが、

実は、自身の組織内の構造や成分比率が大きく変化いたします。

実はこの変化、寒さに耐えるための体作りみたいなもので、

夏ごろから季節が変わるのにあわせて気温が徐々に下がっていくことで、

それにあわせて観葉植物は低気温に順応できるよう、耐冷性を高めていくのです。

気温が急激に下がると、変化に順応できなくなり、寒害を起こしてしまうのですが、

これに気をつけさえすれば、低気温に耐えうる体作りがどんどん進んでいくんです!!
!!┗(  ̄◇ ̄)!!

「本には耐寒性は弱いって書いてあるけど、
家で育てている子は全然元気ですよ~」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、これは同じ環境で

何度も冬を経験していることで、耐冷性を高めるプロセスを何度も経ているということなんです。

ハードニング(HARDNING)、なんて言ったりもするのですが、

こういう風に負荷を与えて強く鍛え上げるのは、

やはり生き物なんだなぁ。。と実感しますねぇ(*´∇`*)

ボディビルダーみたいな体の観葉植物は怖いですが。。

ちなみにお届けの植物、過酷な環境をまだ知らない南国生まれ、南国育ちの植物ですので、

まだハードな環境は避けてあげてくださいね!

そうそう、今月からは寒さに弱めで冬は販売中止の観葉植物も順次再入荷します

代表選手はやっぱり幸福の木ですね

観葉植物の通販、販売 彩植健美.jp

関連記事

  1. 観葉植物のひみつ

    「観葉植物のひみつ」今回は観葉植物じゃないんですけどね・・・

    11月といえば、紅葉が綺麗な季節。皆様は、紅葉狩りにお出かけのご予…

  2. 店長日記

    六甲山の森林植物園と高山植物園

    先週の13日日曜日、久しぶりに行ってきました今年はメチャ強い阪神タ…

  3. 店長日記

    観葉植物人気ランキングを更新しました!

    毎日寒い日が続きます。これからが年中で一番寒い時期ですね。イン…

  4. 店長日記

    「辛夷」って何と読みます?

    正解は隣の公園で咲いてる「コブシ」の花すでに花は終わりを迎えようと…

  5. 店長日記

    今月はバタバタで久しぶりの更新です。

    気がつくと残すところ今年もあと5日先月からほとんど書いてませんねこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 新着情報・営業案内

    ☆ユッカ8号鉢・10号鉢 入荷致しました☆
  2. スタッフ日記

    ぞう君の、彩植健美ニュース ≪新商品レポート≫ 
  3. スタッフ日記

    スタッフ日記第2弾 ~好きな植物はなんですか?~
  4. 店長日記

    観葉植物と環境
  5. 新着情報・営業案内

    クリスマス用「もみの木」完売間近!
PAGE TOP