{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様、ご来店いただき誠にありがとうございます。  {@ member.active_points @}ポイントご利用可能 ログアウト
新規会員登録はこちら
お電話での問い合わせ・ご注文はこちら 0120-188587 (平日 8:30〜17:30)

ホヤ・カルノーサ

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)の魅力

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ。。何やら難しい名前ですね。。
「ホヤ」は英国の園芸家さんの名前、「カルノーサ」はラテン語で「多肉質の」、「バリエガタ」は「斑(ふ)入り」という意味なんですが、和名のサクララン(フイリサクララン)といったほうがわかりやすいでしょうか。。(ちなみに和名の由来は桜色の花を咲かすところからきています)
和名の由来にもなったきれいなお花も楽しむことができるグリーンですが花がなくても縁に斑(ふ)の入った葉は、光沢と厚みが特徴的でお部屋のちょっとしたアクセントにぴったり。
かわいいテーブルサイズなのでどこに置こうかいろいろ考えるのも楽しみですよね♪

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)

花は長くのびた蔓に咲きます。(すぐには咲きません!)
お花を咲かせるには蔓が延びてきてもカットせずにながーく伸ばして育ててみてください。

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)は贈り物として人気です。

花言葉は「人生の出発」や「愛情」といったことばがあります。
大切な人への贈り物としても良さそうですね!

2件中 1-2件表示

サクララン ワックスプラント 観葉植物 ホヤ・カルノーサ・コンパクタ ロングポット

  • 送料無料
当店特別価格 ¥ 3,520 税込
商品番号 MN030031

じわじわ気づくホヤの良さ 皆さんはホヤをご存じですか? あまりメジャーではないかもしれませんが、観葉植物好きであれば、 1鉢は持っているのではないでしょうか。 最近では、インテリア雑誌に載るようなおしゃれなお部屋にもよく天井から吊るされていますね! ここで、ホヤの情報を2つほど、、 1.ホヤは別名「サクララン」といわれます。これは、花が桜の印象に似ていることが由来です。 ちなみに桜でも蘭でもありません。。 2.また、「ワックスプラント」という名も持ち合わせています。 これは花が、蝋で出来ているように見えることからだといわれています。 観葉植物なのに、これほど花をピックアップされるものは珍しいですね。 きっと昔の人たちは、ホヤの花の綺麗さに感動していたのでしょう。 こんな綺麗な花が咲く観葉植物を、最近のおしゃれさんたちが放っておかないのも納得です! さて、今回ご紹介させていただくのは、ホヤの中でも人気品種「ホヤ・カルノーサ・コンパクタ」。 じわじわ欲しくなってきてませんか?笑 蔓が伸びても切らないで。。 先ほど花の魅力をお伝えしておきながら早速ですが、 ホヤ・カルノーサ・コンパクタは蔓の長さが1m以上にならないと花が咲きにくいです。 つまり花を咲かせるには、株を充実させる必要があります。 今回のものは、花を咲かせるまでまだまだ蔓が短いかもしれません、、 でも、葉がクルクルしていて観葉植物としてとても可愛いのが本当の強みです。 蔓が伸びてきたら、天井から吊るすのも良し。 棚などの高さがある所から蔓を垂らすのも良し。 飾り方のバリエーションが豊富でお部屋に置きたくなる植物なんです! ホヤの少し珍しい習性 ホヤは、一度咲いた場所から何度も開花する不思議な習性があります。 なので、花が終わったと思って花芽を切ってしまわないようにしてくださいね。 何度も花が咲くようになったら、きっとすごく愛着が湧くようになると思いますよ! また、 コンパクタは生長が比較的遅いです。 どうしても長く伸びてしまってカットしたい場合は、花芽を避けて切ってください。 でもまぁ、だいぶ先のお話なんですけどね。笑

詳細を見る
(0)

花言葉は「人生の出発」「愛情」 観葉植物 ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)

  • 花言葉◆人生の門出
  • 送料無料
当店特別価格 ¥ 2,780 税込
在庫切れ
商品番号 RA030001

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ。。何やら難しい名前ですね。。 「ホヤ」は英国の園芸家さんの名前、「カルノーサ」はラテン語で「多肉質の」、 「バリエガタ」は「斑(ふ)入り」という意味なんですが、 和名のサクララン(フイリサクララン)といったほうがわかりやすいでしょうか。。 (ちなみに和名の由来は桜色の花を咲かすところからきています) 花言葉は「人生の出発」や「愛情」といったことばがあります。 大切な人への贈り物としても良さそうですね!

詳細を見る
5.00
(1)
2件中 1-2件表示

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)の自己紹介

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)

一般的には、サクラランと呼ばれています♪
なんと!その理由は、観葉植物には珍しくとてもカワイイ、桜の色に似た淡いピンクの花が咲くからなのです(*^.^*)
育てていくと、ひょこっと出てくる同じく淡いピンクの新芽も、ベリーキュートですよ!

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)のお手入れ・置き場所

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)

●日当り:明るい窓際
●耐 寒:5度
●水やり:少なめ
●病害虫:特になし

日当たりと風通しの良い場所で管理します。
多肉植物に近い性質をもっていますので、特に冬場の水のやりすぎに気をつける必要があります。

ホヤ・カルノーサ・バリエガタ(フイリサクララン)の詳しい育て方はこちら>>