観葉植物の専門店 彩植健美 ロゴ
年間出荷数35,000鉢突破!業界最大級の出荷数&在庫数!
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様、ご来店いただき誠にありがとうございます。  {@ member.active_points @}ポイントご利用可能 ログアウト
新規会員登録はこちら
お電話での問い合わせ・ご注文はこちら 0120-188587 (平日 8:30〜17:30)

フィカス・バーガンディ(黒ゴム)の育て方

美しい葉とくねったように曲がっている幹からなるそのシルエットは、シックな“オトナ”の魅力が満載です。
太陽光の入る明るい室内でも充分に鑑賞可能ですが、光線が不足すると葉の茎が伸びて形がくずれます。
新芽の色も薄くなったりしますので、日当りと風通しの良い場所に置いてあげるのが好ましいでしょう。

科目:クワ科フィカス属
原産国:インド
学名:Ficus elastica ‘Burgundy’
同属種:ソフィア、ティネケ、ルビー
【性質】
耐陰性: 室内の窓際 日当たりの良い室外
耐寒性: -5℃ 0℃ 5℃ 10℃ 15℃
育てやすさ: 初心者 中級者 上級者

フィカス・バーガンディってどんな植物?

別名「クロゴム」とも呼ばれる、フィカス・バーガンディ。
黒色に近い深い緑の葉色ですが、新芽の色はワインレッド。
また、針金を幹にかけて曲げることも可能で、好みの樹形にアレンジできます。
美しい葉とくねったように曲がっている幹からなるそのシルエットは、シックな“オトナ”の魅力が満載です。

また花言葉は、「すこやか」となっており、ゆっくり確実に生長するこの植物にピッタリです。
真っ赤な新芽は見ているだけで、きっと元気を貰えますよ!

バーガンディはデコラゴムノキというとても丈夫な品種から枝変わりによって発生したとされております。 そのため育てやすく 手がかからない植物です。
このあたりも”オトナ”な植物なんですよ。

フィカス・バーガンディ年間管理カレンダー

水やりのコツ

1回の水やりは鉢底から水が出るくらいの量を必ず与えてください。土の表面を濡らす程度の水やりでは、鉢の中心まで水が入っていないです。
土の表面がしっかり乾いたら土の全体に水が行き渡るように、乾湿を意識したメリハリのある水やりを行いましょう。

葉水について

スプレーなどで、植物の葉に霧吹きを行うことを葉水といいます。
水やりだけでは、葉の乾燥による傷みを防ぐことはできません。
補助的な水やりとして、葉水は必要とされています。

【メリット】
(1)水分補給
葉面からも水分を吸収することができます。また、根が弱っている植物にも効果的です。

(2)埃を落とす
室内に置いていると、葉には埃が付きます。この埃のせいで光合成が上手くできない場合があります。

(3)病害虫予防
水を嫌う虫から植物を守ります。害虫予防が結果的に病気のリスクを下げてくれます。

【与え方】
春~秋は葉の全体がしっかり濡れるまで葉水を行ってください。
乾燥する冬も葉水は必要ですが、水滴が滴るほど与えるのはNGです。葉全体にふんわり水滴が乗る程度にしましょう。
年間を通して、毎日行うようにするとよいですが、水やりをしっかり行っていれば葉水を忘れても枯れることはありません。

肥料の与え方

肥料を与える時期は4月~6月と9月~10月です。
この期間以外は、生長が鈍るので控えましょう。
おすすめの肥料の与え方は、緩効性化成肥料(置き肥)液体肥料を平行して使用することです。それぞれの肥料にはメリット・デメリットがあります。同時に与えることでそれぞれのデメリットを補い合ってくれます。
ちなみに、液体肥料を与える頻度としては、2週間に1度くらいが良いです。

※7月~8月の気温が高すぎる時期は根が休む場合があります。根が動かない時期に肥料を与えすぎると、肥料焼けを起こします。
この時期は、緩効性化成肥料(置き肥)を与えない方が安全です。水やりの代わりに液体肥料を2週間に1度くらいのペースで与えるだけにしておきましょう。

剪定について

不要な枝や葉を切り落とすことで、植物を健全に育てる手助けをすることができます。

【メリット】
1、込み合った枝や葉を切ることで、蒸れにくくなり害虫対策になります。
2、葉っぱ1枚1枚に光が満遍なく当たるようになります。
3、不要な葉を切ることで、新芽などに養分が行き渡り成長が促進されます。

【注意点】
剪定は4月~5月・9月が適期です。休眠期や気温の高い時期に幹を切るなどの大きな剪定作業を行うと枯れるリスクが高まりますのでお控えください。小さな枝や葉を切る程度であれば年間を通していつ行っても良いです。
また、湿度の高い日の剪定作業は控えてください。切り口が乾燥せず、カビなどが発生しやすいです。

【一言メモ】
バーガンディは、幹や枝を切ると切り口の下から新しい枝となる新芽を出し枝分かれします。枝などでボリュームが欲しい場所をイメージして剪定を行い樹形を整えていきましょう。

植替えについて

植物は、幹や枝葉が生長しているとその分根も土の中で生長しています。
鉢の中が根でいっぱいになってしまうと、うまく水分を吸収できなくなります。
また、酸素も入らなくなり窒息してしまいます。
これらを防ぐために、2~3年に1度の植替え作業は必要です。

【注意点】
4月~5月・9月が適期です。根が休んでいる時期の植替え作業は、控えたほうが安全です。
鉢の底には、鉢底石を敷き水はけの良い土を使用しましょう。
水はけの悪い土を選ぶと根腐れを起こすので注意してください。

【一言メモ】
バーガンディはよく葉が下がることがあります。水を与えてもあまり変化が無いのであれば、根が張り過ぎて上手く水を吸えていない可能性があります。
適期に根鉢を軽く崩して水はけの良い土に植え替えてあげましょう。

増やし方

剪定した枝を捨ててしまうのは、すこし勿体ない気持ちになりませんか?
そんな時は、その枝を使って植物を増やしてみてください。
上手く育たないこともときにはあるかと思いますが、これも植物を育てる楽しさのひとつだと思いますよ。
ちなみに増やすのに良い時期は4月~5月・9月です。
気温が安定しているときに行いましょう。

【方法】

(1)挿し木
手順1:挿し穂作り
剪定で切り落とした葉の付いている枝を1~2時間水に挿して吸水をさせます。
ワンポイント!挿し木に使う枝は幹から生えている太い枝を使いましょう。また枝は断面が斜めになるように切ります。
ワンポイント!葉っぱは1/3程残してあとは切り落としておきましょう。

手順2:土の用意
ポットに土を入れ予め水で湿らせておきます。
ワンポイント!このとき使用する土は、赤玉土又は挿し木専用の土を使ってください。肥料成分が入っていると腐る可能性があります。

手順3:植え込み
挿し穂を手順2で用意したポットに植え込みます。
ワンポイント!指で軽くくぼみを作って優しく植えてあげましょう。

(2)水挿し
手順1:挿し穂作り
(1)挿し木の手順1と同じ要領で挿し穂を作ります。その挿し穂を水に挿しておくだけです。
ワンポイント!傷むのを防ぐために、水はマメに交換するようにしてください。

手順2:植え込み
発根後、水はけの良い土に植え込んでください。

土に植え替えてからの管理方法:
半日陰で直射日光が当たらない場所で管理してください。
新しい芽がでてくるまでは、土が乾ききる前に水やりを行いましょう。
根が張りしっかりしてくれば、土が乾ききってからお水を与えるようにしていきましょう。

この樹種の商品一覧はこちら

詳細検索

※価格・種類など絞り込んで検索できます。

関連キーワード

並び替え
12件中 1-12件表示

現品販売 新品 画像の商品を送ります
観葉植物大型【現品】フィカス バーガンディ 8号 大型商品 001093 新品 父の日

  • 送料無料
  • 個人様送料+3,300円
当店特別価格 ¥ 16,700 税込
商品番号 GP001093
詳細を見る
(0)

フィカス・バーガンディ 6号鉢 陶器ポット (ルーケト) 鉢カバー付き 曲がり樹形 ユーポット入り 観葉植物

  • 送料無料
¥ 13,480 税込
商品番号 KM130009

オトナな雰囲気漂うシックなゴムの木 バーガンディという品種名は、枝葉の先端部分が、 印象的に深い赤色をしているところから名付けられています。 別名「黒ゴム」とも呼ばれるほど、濃く深い緑色の葉とのコントラストが、何とも落ち着いたオトナな雰囲気。 この赤色の箇所は、托葉(たくよう)と呼ばれるもので、 これからでてくる新芽(若葉)を包んでいるもので、新芽が成長する間保護する役目を担っています。 やがて葉が成長して広がると役目を終えて落ちてしまいますが、 その少しずつ成長していく姿を毎日観察するのも楽しいものです。 バーガンディーはフィカス・エラスティカ(フィカス・ロブスター)という古くから愛される インドゴムの木を改良して作られた園芸品種。 とっても丈夫なロブスターの特徴を、しっかり受け継いでいるので初心者の方でも安心。 丈夫で手がかからないところもオトナでしょ。 シルエットは個性的 葉色の魅力に加え、もうひとつお伝えしたい特長。 それは、ゆるやかな曲線をえがいたそのシルエット(=樹形)。 ゴムの木ならではの柔軟性のある幹を、生産の段階で馴らしていくことで 人工的(=不自然)になりすぎない絶妙なバランスのシルエットに仕立てられています。 曲がり具合は、それぞれ。 仕立てられたものではありますが、個体によりちょっとずつ違います。 今後の生長でもシルエットは変わっていくもの。その日々の変化も楽しみのひとつになりますね。 ポットについて 植物自体はプラスチック素材のいわゆる一般的な「プラ鉢(白・または茶・紺)」に植わっています。 もちろん管理する上では、そのままでも大丈夫なのですが、 インテリアとして考えると、見た目的に少し味気ない。。 そういう場合は、鉢カバーも一緒に揃えていただくのがおすすめの飾り方。 ここでは陶器製の鉢カバーポットとセットでのご紹介。 上品な印象のホワイトとグレーの陶器がグリーンを引き立てます。 主張しすぎないモダンなデザインは、どんなインテリアにもマッチします。 (※土の部分を覆うヤシ素材のマルチング材も付属します。) オプションのポットスタンドを利用すると、より一層インテリア感アップ。 スタンドを用いて少し高さをつけると、抜け感が生まれ、印象がガラリと変わります。 アカシア材を使用したウッドポットスタンドは、四本の脚でしっかりと支え、安定感は◎。 組み立ても、ビスで一か所止めるだけの簡単仕様です。

詳細を見る
(0)

フィカス バーガンディ 白陶器 フィカス・バーガンディ 曲がり樹形 マットホワイトトールポット 観葉植物

  • 送料無料
¥ 10,000 税込
商品番号 ST100055

フィカス・エラスティカ・バーガンディ 曲がり樹形 マットホワイトトールポット オトナな雰囲気漂うシックなゴムの木 バーガンディという品種名は、枝葉の先端部分が、 印象的に深い赤色をしているところから名付けられています。 別名「黒ゴム」とも呼ばれるほど、濃く深い緑色の葉とのコントラストが、何とも落ち着いたオトナな雰囲気。 この赤色の箇所は、托葉(たくよう)と呼ばれるもので、 これからでてくる新芽(若葉)を包んでいるもので、新芽が成長する間保護する役目を担っています。 やがて葉が成長して広がると役目を終えて落ちてしまいますが、 その少しずつ成長していく姿を毎日観察するのも楽しいものです。 バーガンディーはフィカス・エラスティカ(フィカス・ロブスター)という古くから愛される インドゴムの木を改良して作られた園芸品種。 とっても丈夫なロブスターの特徴を、しっかり受け継いでいるので初心者の方でも安心。 丈夫で手がかからないところもオトナでしょ。 シルエットは個性的。 葉の魅力に加え、もうひとつお伝えしたい特長。 それは綺麗な曲線をえがいたそのシルエット(=樹形)。 ゴムの木ならではの柔軟性のある幹を、生産の段階で馴らしていくことで なかなか個性的なシルエットに仕立てられています。 曲がり具合は、それぞれ。 仕立てられたものではありますが、個体によりちょっとずつ違います。 今後の生長でもシルエットは変わっていくもの。その日々の変化も楽しみのひとつになりますね。 シンプル イズ ベスト。 もちろん、カラフルカラーや凝った質感・デザインのポットも様々な植物たちを引き立たせてくれる名わき役。 いろんなカラー・形状のポットで飾った植物たちを揃えていくのも楽しいものですが、、 そこをあえて、、。 やっぱり白がいちばん。 奇をてらわない、白の陶器鉢。結局はこれがいちばんどんな植物にもマッチするのではないでしょうか。 落ち着きのあるマットな質感は、シンプルなデザインをより印象的なものにしてくれ、 どんなお部屋にも不思議と馴染みます。

詳細を見る
(0)

フィカス・バーガンディ フィカス・バーガンディ 曲がり樹形 7号プラ鉢ロングポット 観葉植物

  • 送料無料
¥ 6,980 税込
商品番号 RG060016

オトナな雰囲気漂うシックなゴムの木 バーガンディという品種名は、枝葉の先端部分が、印象的に深い赤色をしているところから名付けられています。 別名「黒ゴム」とも呼ばれるほど、濃く深い緑色の葉とのコントラストが、何とも落ち着いたオトナな雰囲気。 この赤色の箇所は、托葉(たくよう)と呼ばれるもので、これからでてくる新芽(若葉)を包んでいるもので、新芽が成長する間保護する役目を担っています。 やがて葉が成長して広がると役目を終えて落ちてしまいますが、その少しずつ成長していく姿を毎日観察するのも楽しいものです。 バーガンディーはフィカス・エラスティカ(フィカス・ロブスター)という古くから愛されるインドゴムの木を改良して作られた園芸品種。 とっても丈夫なロブスターの特徴を、しっかり受け継いでいるので初心者の方でも安心。 丈夫で手がかからないところもオトナでしょ。 シルエットは個性的。 葉色の魅力に加え、もうひとつお伝えしたい特長。 それは、ゆるやかな曲線をえがいたそのシルエット(=樹形)。 ゴムの木ならではの柔軟性のある幹を、生産の段階で馴らしていくことで 人工的(=不自然)になりすぎない絶妙なバランスのシルエットに仕立てられています。 曲がり具合は、それぞれ。 仕立てられたものではありますが、個体によりちょっとずつ違います。 今後の生長でもシルエットは変わっていくもの。その日々の変化も楽しみのひとつになりますね。 シンプル イズ ベスト。 もちろん、カラフルカラーや凝った質感・デザインのポットも様々な植物たちを引き立たせてくれる名わき役。 いろんな材質、カラー・形状のポットで飾った植物たちを揃えていくのも楽しいものですが、、 そこをあえて、、。 やっぱり白がいちばん。 奇をてらわない、白い鉢。素材はプラスチックのいわゆる「プラ鉢」。なのですが、 一般的なプラ鉢(=懸崖鉢)よりも少しスリムで高さがある為、一見すると陶器みたい。 飽きないシンプルなシルエットで、ヤシ素材のマルチング材を施すことで、 鉢カバーいらずで、このまま飾っても十分おしゃれです♪

詳細を見る
(0)

フィカス バーガンディー 定番植物 フィカス・バーガンディ 6号鉢 曲がり樹形 観葉植物

  • 送料無料
¥ 5,980 税込
商品番号 RG050016

オトナな雰囲気漂うシックなゴムの木 バーガンディという品種名は、枝葉の先端部分が、 印象的に深い赤色をしているところから名付けられています。 別名「黒ゴム」とも呼ばれるほど、濃く深い緑色の葉とのコントラストが、何とも落ち着いたオトナな雰囲気。 この赤色の箇所は、托葉(たくよう)と呼ばれるもので、 これからでてくる新芽(若葉)を包んでいるもので、新芽が成長する間保護する役目を担っています。 やがて葉が成長して広がると役目を終えて落ちてしまいますが、 その少しずつ成長していく姿を毎日観察するのも楽しいものです。 バーガンディーはフィカス・エラスティカ(フィカス・ロブスター)という古くから愛される インドゴムの木を改良して作られた園芸品種。 とっても丈夫なロブスターの特徴を、しっかり受け継いでいるので初心者の方でも安心。 丈夫で手がかからないところもオトナでしょ。 シルエットは個性的 葉色の魅力に加え、もうひとつお伝えしたい特長。 それは、ゆるやかな曲線をえがいたそのシルエット(=樹形) ゴムの木ならではの柔軟性のある幹を、生産の段階で馴らしていくことで 人工的(=不自然)になりすぎない絶妙なバランスのシルエットに仕立てられています。 曲がり具合は、それぞれ。 仕立てられたものではありますが、個体によりちょっとずつ違います。 今後の生長でもシルエットは変わっていくもの。その日々の変化も楽しみのひとつになりますね。 ポットについて 植物自体はプラスチック素材のいわゆる一般的な「プラ鉢(白・または茶・紺)」に植わっています。 もちろん管理する上では、そのままでも大丈夫なのですが、 インテリアとして考えると、見た目的に少し味気ない。。 そういう場合は、鉢カバーも一緒に揃えていただくのがおすすめの飾り方です。

詳細を見る
(0)

現品販売 新品 画像の商品を送ります
観葉植物【現品】フィカス バーガンディ 8号 大型商品 001059 新品 父の日

  • 送料無料
  • 個人様送料+3,300円
当店特別価格 ¥ 16,700 税込
在庫切れ
商品番号 GP001059
詳細を見る
(0)

★現品 新品★おススメ クネクネバーガンディ

  • 送料無料
¥ 5,280 税込
在庫切れ
商品番号 GP000516
詳細を見る
(0)
並び替え
12件中 1-12件表示

人気カテゴリー

他の人はこちらの商品も閲覧

厳選おすすめ商品

植物から選ぶ

トップへ