{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
ロゴ

ガジュマルの育て方

ガジュマル

観葉植物の自己紹介

太い幹から小枝を出させた大鉢は、風格がありますよね。
自生地では樹高20mにもなる観葉植物なんです。なにか、密かに妖精たちが住んでいるような・・・ そんな神秘的な風貌にも見えますね!

参考資料

同属種:ガジュマルパンダ・センガクガジュマル・多幸の木


科目
クワ科フィカス属
原産地
東南アジア 沖縄 東南アジア熱帯雨林気候区
置き場所
最低気温5度以上は必要です。
窓際など、必ず日当り、風通しの良い場所で管理して下さい。悪環境は落葉の原因となります。万一、落葉し始めた場合、明るく風通しの良い場所に移動し、水は土が乾くまであげないで下さい。
水をやりすぎると、根腐れを起こしさらに落葉します。 このことをお守りいただければ、大変育てやすく強健な植物です。十分な光と水やりに注意をすれば、冬越しもたやすく出来ます。 年間を通して満遍なく光が当たるように定期的に鉢を回してください。
季節毎の管理と注意点
冬~春: 前項に沿った場所で管理を行いますが、光不足や空気中の湿度不足等の影響で落葉や葉つきが悪くなることがあります。
また、エアコンの温風に直接当てないようにして下さい。
春~秋: 外気温が20度程度になると生育期に入ります。また、光線不足になると葉が長く間伸び(徒長)します。冬期に葉が傷んでしまった場合でも、この時期に切り戻しをすると、比較的容易に再生します。
水やりのタイミング
季節だけではなく、設置場所の環境(光量・温度)によって水の量を調節してください。土の表面の状態をよく観察し、ある程度乾いてからやるのがコツです。 土が湿っている状態で繰り返し必要以上の水やりを行うと根が窒息し、根腐れの原因になる場合があります。また受皿にはなるべく水を溜めないように注意してください。
肥料
生育期には、緩効性化成肥料を定期的に与えて下さい。
害虫、病気
害虫: 乾燥した環境が続くとアブラムシ、カイガラムシの発生があります。
病気: カイガラムシの発生にあわせてスス病を併発することがあります。
葉がベタつくような症状をみつけた場合は割り箸や使用済みの歯ブラシなどでカイガラムシを除去し、市販の殺虫・殺菌剤を施してください。
詳しくはお問い合わせください。
イージーレベル
(☆~☆☆☆☆☆)
☆☆☆
彩植健美レベル
(☆~☆☆☆☆☆)
☆☆☆☆
その他
冬越しで傷んだ場合は、切り戻し、剪定を施し、屋外の日なたに移動させ、肥料を与えて管理すると再生します。
屋外管理期間は4月中旬~10月下旬です。

イージーレベルのご説明(観葉植物、枯らしてしまったことありませんか?)

[1]育てやすさ、[2]環境適応能力、[3]病害虫への強さ、[4]傷んだときの回復力、を考慮したオススメ度です。星が多いほど育てるのがカンタンです。

彩植健美レベルのご説明

[1]オシャレ度、[2]人気度、[3]空気浄化力、を考慮したオススメ度です。星が多いほど彩植健美的オススメ観葉植物です。

この樹種の商品一覧はこちら
12件中 1-12件表示
12件中 1-12件表示