{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
ロゴ

アイランサスの育て方

アイランサス(フィランサス・ミラビリス)

観葉植物の自己紹介

アイランサスと呼ばれることが多いですが、実は、フィランサスが正式名です。
朝、葉っぱを開いて、夕方には閉じる不思議な観葉植物です(・o・) 夢みる木なんて、かわいらしい名前がついていたりもします。眺めれば、眺めるほど、愛着がわいてきますよ。根元が肥大した幹の形もお芋さんみたいで、とってもユニークです。寒いと落葉しちゃうので、幹だけの状態で輸入されています。葉の色は、付け根の方の赤みが強く、葉先に行くにつれて緑色に変色しています。

大きさ

流通サイズ:4号鉢~10号鉢
高さ:35cm~150cm前後
幅:25cm~80cm前後


科目
トウダイクサ科フィランサス属
原産地
タイ 東南アジア 東南アジア熱帯雨林気候区
置き場所
最低気温15度程度は必要です。
寒い場所は大の苦手で、日当りと風通しを好みますが、レースのカーテン等で日差しを少し遮られた(遮光)場所でも温度と風通しが良ければ構いません。エアコンの温・冷風が直接当たらないようにして下さい。
季節毎の管理と注意点
冬~春: 前項に沿った管理を行います。12~13度程度あれば越冬は可能なのですが、葉が落ちて無い状態でしたら水やりを控えて管理します。暖房の切れた夜間の室温にも注意して下さい。
春~秋: 外気温が25度程度になると生育期に入ります。冬の管理で落葉したアイランサスは当初、屋外の半日陰程度の環境に移動させ多湿気味で管理を行い、太陽光線に慣れてくれば日向に移動させ、早朝と夕方に水やり葉水を行うと良いです。
水やりのタイミング
成育期(夏)は十分に水を与えて下さい。受皿に溜める必要はないですが土が湿っている事が必要です。前述しましたが、葉の無い時期の水やりには、くれぐれも注意して下さい。
肥料
緩効性化成肥料(置き肥)又は液体肥料を与えて下さい。
害虫、病気
害虫: 稀にカイガラムシ類の発生。
病気: 特に目立つ病気はありません。
イージーレベル
(☆~☆☆☆☆☆)
☆☆
彩植健美レベル
(☆~☆☆☆☆☆)
☆☆☆
その他
冬の管理に少しの知識と根気が必要でしょう。

イージーレベルのご説明(観葉植物、枯らしてしまったことありませんか?)

[1]育てやすさ、[2]環境適応能力、[3]病害虫への強さ、[4]傷んだときの回復力、を考慮したオススメ度です。星が多いほど育てるのがカンタンです。

彩植健美レベルのご説明

[1]オシャレ度、[2]人気度、[3]空気浄化力、を考慮したオススメ度です。星が多いほど彩植健美的オススメ観葉植物です。

現在登録されている商品はありません。