{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
ロゴ

カラテア・マコヤナの育て方

カラテア・マコヤナ

観葉植物の自己紹介

まるで孔雀の羽の様な葉模様が特徴の観葉植物“マコヤナ” 夜になると葉がすぼまり、朝から昼に元通り! 生きてるって感じしますよね~。ちょっと不思議な観葉植物です (^_-)-☆

大きさ

流通サイズ:約6号鉢


科目
クズウコン科カラテア属
原産地
ブラジル アメリカ熱帯雨林気候区
置き場所
最低気温10度程度は必要です。
比較的耐陰性は強い方ですが、耐寒力が弱いので、直射光を避けて、風通しの良い明るく暖かい場所で管理してください。光線不足、低温下では新芽などの色つきが悪くなります。
季節毎の管理と注意点
秋~冬: 前項に沿った場所で管理しますが、空気中の湿度が低く、風通しの悪い場所、あるいはエアコンの温風が直接あたる場所では、ハダニが発生することがあります。また、夜間の低温度には注意が必要です。
春~夏: 外気温が20度以上になると活発に新芽を出します。
水やりのタイミング
秋~冬は一週間に一度曜日を決めて土の部分にまんべんなく約80ml~100ml以下 冬場は水が冷たすぎると根を傷める事があります。できるだけ室温に近い水を与えてください。
春~夏は一週間に一度、土の部分にまんべんなく約180ml~200ml
季節だけではなく、設置場所の環境(光量・温度)によって水の量を調節してください。
化粧石が敷いてある場合は、串や割り箸等を、根を傷めない程度にやさしく土の部分まで挿し、土の乾き具合(湿り具合)を観察しながらある程度乾いてからや るのがコツです。土が湿っている状態で繰り返し必要以上の水やりを行うと根が窒息し、根腐れの原因になる場合があります。
また受皿にはなるべく水を溜めないように注意してください。特に夏場は鉢底から水が少ししみ出るくらいの量で調整してください。
肥料
春から秋の生育期に緩効性化成肥料(置き肥)を定期的に与えてください。
害虫、病気
害虫: 乾燥によるハダニの発生がみられます。
病気: 特に目立つ病気はありません。
イージーレベル
(☆~☆☆☆☆☆)
☆☆☆
彩植健美レベル
(☆~☆☆☆☆☆)
☆☆☆
その他
傷んだ古い葉を間引く(剪定)事も大切です。
繁殖は株分けで殖やします(適期は5~6月頃)。植え替え時期も同様です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

イージーレベルのご説明(観葉植物、枯らしてしまったことありませんか?)

[1]育てやすさ、[2]環境適応能力、[3]病害虫への強さ、[4]傷んだときの回復力、を考慮したオススメ度です。星が多いほど育てるのがカンタンです。

彩植健美レベルのご説明

[1]オシャレ度、[2]人気度、[3]空気浄化力、を考慮したオススメ度です。星が多いほど彩植健美的オススメ観葉植物です。

現在登録されている商品はありません。